事務長代行&クラウド事務長Manager

診療以外の業務が忙しく一番大切な診療に集中できない状態になっていませんでしょうか?
不得意なこと、初めてやることは通常の2倍~3倍時間と労力が掛かります。
愛知、岐阜、三重を中心とした全国の院長先生の大切な時間を、大切なことに使って頂くために
Medical support partner株式会社は診療に集中できる環境づくりを行うために事務長業務を継続的でもスポットでも行います。

事務長代行・クラウド事務長と
医院コンサルティングの違いとは?

事務長代行、クラウド事務長とは
院長が医院のことを考えていく時間を確保するために一緒に話すことで
1人では作れない時間の確保が出来て思考の幅が広がります。
話し合うことで方向性を明確にすることが可能です。
また事務業務時間の確保ができないので、提出物、作成するものなど忘れることも多くなります。
そのような事務作業も行いますので、院長の効率的な時間の確保と医院の問題点、
今後の方向性も明確になっていきます。
主に院長との業務がメインとなります。

医院の訪問コンサルティングは、医院全体、スタッフを巻き込んで医院の取組を行っていきます。
院長とお話するだけでは医院に変化と進化が起きないことはよくあります。
それは考えていることと、行動することには大きな壁があるからです。
訪問してコンサルティングを行うことで医院のプロジェクト、院内セミナー、ミーティング、
面談などを通じて、
その壁を少しでも低くして無くしていくことを行います。
何をするにも0から1を創り出すことには大きな労力がかかります。
その0から1をスタッフ皆さんと共に行います。
そして医院の現状などもスタッフ面談、ミーティングなどを通じて
認識して医院の組織力アップを行っていきます。
主に院長、スタッフと共に行っていく業務です。

このようなお悩みは
ないでしょうか?

  • スタッフが増えて目が届かない、新人スタッフを教育する時間の確保も出来ない
  • 医院の独自のシステムなどを作りたいけど時間がない
  • やらないといけない事務作業が山積み
  • 求人、採用を見直したい
  • 悩みや今後のことを話せるパートナーがいてくれると安心する
  • など

*

このお悩みは
メディカルサポートパートナー株式会社の
事務長代行&クラウド事務長で
解決できます!

選択できる3つのタイプ

医院の事務作業から経営相談、今後の方向性、今行うべきこと…そのようなお悩みを訪問、電話、ZOOMなどからサポートします。
その他にもSNS運用、ブログ更新、データ入力、リスト管理、各リサーチなど、こういうことやってくれたらいいなぁにもお応えします。
メディカルサポートパートナー株式会社では3つのタイプから医院に合った形でご依頼できます。

  • TYPE.01

    継続タイプ

    *

    訪問して業務を行う、
    外注事務長

  • TYPE.02

    スポットタイプ

    *

    困ったときに頼んで
    訪問、
    電話、
    クラウドでの解決型

  • TYPE.03

    クラウドタイプ

    *

    完全クラウド、訪問なし
    ZOOMやお電話などで
    業務連絡を行い
    業務を行う

業務の流れ

  • *

    01

    お電話、メールでの
    お問い合わせ

  • *

    02

    メール、お電話、
    ZOOM
    などでの
    ヒアリング

  • *

    03

    業務タイプの相談、
    提案

    行う業務の確認

  • *

    04

    契約・業務開始

ヒアリングを行いそれに合わせた業務を行っていきますので
まずはメールやお電話にてお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る